忍者ブログ
ぎけいき:偽りなく慶史の日記です
May / 30 Sat 15:21 ×
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

September / 10 Mon 18:25 ×



ホラーと言われるジャンルは苦手です。

見れないです。怖くて(泣)。



ここ数ヶ月ずっと米ドラを見てて、あるドラマを一つ完走しました。
ファイナルシーズンまで。

作中に出てくる理論が難しすぎて、一度リタイアしたのですが、
なんとなく再挑戦してみたら
理論どうのこうのよりも、
主人公一家に癒されるようになりまして。

これは家族もの(血縁・職場のチーム)なんだと気づいてからは、
結局ラストのハッピーエンドまで大変楽しく観賞しました。

ネットではあまり多くの感想とかはあがってない
シリーズだったんですが、それでもこのシリーズを
見た人は大概見ているシリーズがありまして。

面白いと評判なので、まあ見てみようかなと。
借り始めたのはいいのですが、
ふたを開けたらジャンルがホラー。


騙された!(←べつに誰も騙してない)



ご存知
「スーパーナチュラル」
です。



これをホラーだと知らない私もどうなんだってとこですが、
正直申しますと、これはファンタジーと捉えていたのです。

まあ、ファンタジーはファンタジーですが、
悪魔とか天使とかそういう系統だと思っていました。

シーズンが進むとそういう展開もあるらしいのですが、
ようするに「悪霊退治」の話だったと。


なんてこった…。


と思いつつ、巻数を重ねています。
まだファーストシーズンだけど。

ここまで、見てわかったのは

怨霊パターン(例:貞子←違)は怖いけど、
怪物パターン(例:死神)は怖くない(見れる)。

というのと、

慣れってあるよね(笑)。

ということ。

以前も、変死体及び骨から身元を割り出し犯人を突き止める
というシリーズも、最初はあまりのグロさにうえって
なってたんだけど、シーズン3の頃には、もう平気でご飯食べながら見れましたからね。


このスーパーナチュラルも、
悪霊退治の話ではあるけど、基本的に家族ものでもありますし、兄と弟のゴーストハントしてないときの普通っぽさ(時々悪ガキ)が微笑ましいので、先に進めそうです。

ついでに。

兄ちゃんイケメンすぎる。
某「天才詐欺師」もそうだけど毎回思う。
シーズン1の時点で26→27歳。
どっちかっていうと童顔なのかな。

弟、背デカイな!と思ったら193cmもあった。
調べてみたら兄ちゃんだって185cmもある。
どんだけデカイ兄弟だ。
小柄なおばちゃん女優さんとか大変(笑)。



兄弟の顔に格闘時、傷がつくと
「もったいない。」と思うのはおかしいですかそうですか。


いろいろツッコミどころはある気がするけど、
ゲストの女優さんたちがどこかで見た事ある人ばかりで
「あなたはあのときの!」と言いながら楽しんで見ています。


こうして私は世事に疎くなっていく…。←あかんやろ




PR
NAME
TITLE
MAIL
URL
VOICE
EMOJI / FONT COLOR
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
ADMIN | WRITE
 
"+慶史+" WROTE ALL ARTICLES.
忍者ブログ・[PR]
/ PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.