忍者ブログ
ぎけいき:偽りなく慶史の日記です
May / 30 Sat 15:05 ×
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

December / 16 Tue 23:54 ×
というわけで。

今日は邦画編です。


まず。


『隠し砦の三悪人』


阿部ちゃん、かっこええ~~!
この人の立ち回りって初めて見たかも。あ、TRICKがあるか。

デカイ人が刀振り回すのって、スゴイわ。

敵のラスボスは、眉ナシ・顔に傷アリ椎名桔平さん。
どうやら、ダースベーダーなイメージだったようです。
なるほど。


お姫さま、頑張ってました。
もっとナヨっちょい姫かと思ったらそうでなく。

なんとなく「主演二人がいただけない」みたいな意見を聞いたことがあったけど、それほど悪くないんじゃないかなと思いましたよ。(←えらそうにスイマセン…。)

いい声出てました。長澤まさみちゃん。

実はこれ、観ようと思った理由がちょっと不純なんですよね。

もちろん黒沢監督のリメイクだとは知ってたんですが、なんかの拍子に脚色をしたのが中島かずきさんだと知ったんです。
新感線の。

おう。そりゃ観たい。

と思って。

名前の付け方とか、ああ、新感線っぽい(嬉)と思いました。
火を囲んでの祭りとか、権力に対する反骨精神とか。姫のキャラクターもそうかも。


その中島さんつながりの関係か、舞台系の俳優さんで、ちょろっと出てきてはすぐ消える、みたいな人が何人も。

生瀬さん。(姫さま一行が立ち寄った飯屋の亭主)
古田さん。(その飯屋で居合わせた女衒)
上川さん。(敵方の武将 斬られたて死んだ)
橋本じゅんさん。(いっちぱん最初のシーンで爆死)
粟根さん。(高嶋兄・衆道家の部下)


女優さんがあんまり出てないので華やかさが少ないし、基本みんな泥だらけ埃まみれなので、顔の判別がつきにくい。(笑)



昨日書いたように暗いシーンは見えないので、他に知ってる人が出てたとしても判らないのです(泣)。

エンドロールも文字が潰れてて読みにくいし。←知ってる名前を探そうとした。



そういう意味で疲れた(-.-;)。




さて。気を取り直して。

次いってみよう。




『アフタースクール』




「ご存知!大泉洋でございます!」の大泉さん初主演の大ヒット作。


これ、本当に面白かった!
公開中、リピーター続出っていってたのわかる!
DVD買ってもう一回ちゃんと見たいぐらい。

全部解ると、ああ、なるほどっていう顔をちゃんとしてる。

これ、芝居として本当に難しいと思う。
洋ちゃんも蔵之介さんも堺さんも常磐さんも。
すっごいなぁ…と思った。

途中であれ?って思う転換ポイントみたいなのがあって、急に話の転がっていく方向が変わるもんだから、何か見逃したのかなと思って、必死に考えながら見てるんだけど、途中で疲れて、もういいやってなっちゃう(笑)。

んで、もう素直~に観てるうちに全部わかってラストシーン、みたいな。

はぁ~~~、なるほどね~~…。

っていう脱力感みたいなのがありました。


一番笑ったの、エンドロールが流れる前のラストシーン。
爆笑した!

なんかちょっと前のホットペッパーのCMのような。



ちょっと切ない。
でも、ポジティブ。


楽しい、見応えのある作品でした。

マジでDVD買おうかな。


さて。次は。



どれにしよう。(^^)





PR
NAME
TITLE
MAIL
URL
VOICE
EMOJI / FONT COLOR
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
ADMIN | WRITE
 
"+慶史+" WROTE ALL ARTICLES.
忍者ブログ・[PR]
/ PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.